会社情報

Création Baumann

当社は、常に進化し続けています。1886年創業のクリエーションバウマンは、新技術、新素材、新機能、デザインでテキスタイル業界牽引するリーディングカンパニーです。長年にわたる成長と変化の中で、常に変わらないもの。それは、ファブリックに対する私たちの情熱です。

Einblicke in die Produktion von Création Baumann, Zettlerei mit gesponnenen Fäden.

クリエーション

スイスのランゲンタールにある本社のデザインスタジオでは、プロダクトマネジメント、デザイン、製品開発の担当者が協力して行われます。トレンドや最新のトピックを取り入れながら、お客様に感動を与えるデザインや機能性、その付加価値を感じていただけるような製品を創案し、開発しています。

アイデア& コンセプト
すべてはインスピレーションから始まります。自然、ファッション、建築など、さまざまな場所でインスピレーションを得ることができます。そのアイデアを製品化し、成功に導くために、各セグメントに合わせた開発プロセスで、新素材の最初のサンプルを制作します。

 

カラー& 生産
無限に広がる色彩の世界は、私たちのファブリックの中核をなす特徴のひとつです。私たちは、用途に合わせて、新製品の色相を決定しています。そのため、新鮮な色や微妙なニュアンスも数多く含まれています。発売する前に、クリエーション、プロダクション、営業の責任者が密接に連携し検討されます。

 

 

製造

糸の加工からファブリックの完成まで、ひとつひとつの製造過程をスイス、ランゲンタールの自社工場で行っています。当社は、巻上げ機室、合糸機、染色機、織機、印刷機、仕上げ機を稼働しています。

巻取機 & 撚糸機
糸は自動巻き取り機で染めや織りの準備をします。

染色
パワフルかつフレキシブルなクロス巻き(綾巻き)の染色機では、色柄物のファブリック用の多種多様な糸を製造します。

 

織るためのセッティング
自動整経機は、さまざまな製品の縦糸を迅速かつ柔軟に製造できる機械です。

機織り工場・織布工場
最大織幅330cmの最新で汎用性の高い織機で、高密度で透明感のある生地、レノ織やワーププリント*などの特殊な生地、特注品の生産も可能です。*縦糸だけにインクジェットプリントを施し、横糸で織り上げる。

 

デジタルプリント
ロールスクリーン用に加工された生地を含むポリエステル生地は、高密度から透け感のある生地まで転写プリントができます。

テキスタイルのリファイン
私達の最新の染色機は、スラッシャー染めやハンク染めを行い、ニーズに合わせて生地をリファインしています。

品質保証
生地は1メートル単位で品質チェックされ、保管のために丁寧に巻き取られ、輸送中に素材が破損するリスクを低減します。

 

 

ロジスティクス 

私たちは、98%の納品能力を約束します。本社工場にある完全自動化された倉庫システムにより、素早く製品を取り出し、確実にお届けすることができます。
Création Baumann - Swissmade - Schweizer design

Facts

1886 Family buisness
225 Employees
40 Markets
65 % Export
98 % Degree of delivery capability

History

1886

フリードリッヒ・バウマンとアルベール・ブランドの2人の繊維代理店がパリで出会います。1886年、彼らはランゲンタールにリネンとハーフリネンの生産と販売を行う会社を設立しました。

1903

20年近く続いたビジネスの成功の後、二人は別々の道を歩むことを決意します。フリードリッヒ・バウマンは、自分と妻の名前でバウマン-グリュッターとして、会社を経営し続け、1905年、フリードリッヒ・バウマンが最初の機械式リネン織物工場を開設します。

1946

息子のフリッツとウィリー・バウマンが会社を引き継ぎ、「バウマン-グリュッター・セーネ」の名で経営を続けていきます。

1951

フリッツとウィリーが別れ、フリッツ・バウマンがBaumann & Co.の名でリネンの織物工場を経営します。問屋とともに、リネン、コットン、レーヨンの装飾布を生産。

1963

完全にインテリア装飾用ファブリックに焦点を当て、ロゴのデザインを一新しています。

1979

反物のファブリックと糸を保管するハイベイ倉庫を開設し、さらなる短納期を実現するための先駆的な物流を実現。この年、ブランドイメージを見本帳や印刷物に新たな装いで登場させます。

1995

クリエーションバウマンのロゴが、よりモダンでクリエイティブな形に生まれ変わります。2005年 ブランドイメージは一新されたが、ロゴは変わらなかった。

2023

ブランド・アイデンティティは、モダンで自信に満ちたブラ ンドに一新されました。ブランドのDNAはそのままに、シンプルでわかりやすく、かつ時代を超越する強さを持つブランドへと進化を遂げました。