吸音 防音 遮音カーテン

吸音カーテンで室内の音響をコントロール

オフィス・コンサートホール・教室・自宅など密閉した空間では音が反響し残響時間が長くなります。この残響時間が長いと、空間は賑やかになります。残響時間が短いと、静寂が生まれ集中しやすくなります。クリエーションバウマンの吸音レースカーテンは、この残響時間をコントロールします。

例えばガラスで仕切られている会議室や子供の声の響く学校では、残響音を短くしたいという要望が高まっています。クリエーションバウマンは透過性が高く 且つ 高い吸音性能を持つ吸音レースカーテンを開発しました。この吸音レースカーテンは、スイスの公的検査機関によって吸音率を測定しています。

90種類・2,000色以上のラインナップをご用意しているのは、世界でクリエーションバウマンだけです。


吸音レースカーテンについての特集をお読みください

Akustikstoffe Création Baumann

室内音響を実現する吸音カーテン

騒音は、プライベートな空間でも公共の場でも気になるものです。吸音カーテンは、音環境の改善・音響環境を最適化する理想的なアイテムです。クリエーションバウマンの防音・遮音・吸音カーテンは、周囲の音をコントロールし、より心地よい音環境にします。同時に上質な生地は見た目の心地よさもご提供します。効果に関しては、ISO/EN基準の試験結果を公表し、あらゆる音域において前例のないほど上質な音環境を創り出せることをデータでもご紹介しております。
Akustikstoffe - Création Baumann

間仕切りとして使う吸音カーテン

オフィスなどのオープンスペースのフロアプランは多機能が求められ、さまざまな要件を満たす必要があります。例えば会話を楽しむ交流の場や会議室と、プライバシーを確保できる静かなエリアを同じフロアで柔軟に組み合わせる必要があります。開閉できるカーテンでゾーンを分けることで、フロアプランを柔軟に設計し、様々な音響状況に対応できます。空間使用の自由度が増し、雰囲気も大きく改善されます。

音響に関するファクト事実

  • クリエーションバウマンの吸音カーテンは、高い吸音効果によって室内の残響音をコントロールします。
  • 吸音カーテンは、重量、空隙率、織り方の違いにより、音の反響時間を短くする効果が異なります。
  • 残響室での試験結果により、音響機能を比較することができます(周波数範囲:100〜5,000Hz)。
  • 吸音カーテンの効果は、ISO 354、ISO 11654、DIN EN 29053に準拠した測定基準で証明されています。
«私達の吸音カーテンは、様々な状況に柔軟に対応し、部屋をデザインします。高機能で、フレキシブル、美的感覚に優れています。»
Akustikstoffe Création Baumann

吸音カーテンの種類 :透け感のある吸音レースカーテンから高密度な吸音ドレープカーテンまで

日常生活のなかでは、この500ヘルツから2,000ヘルツが、標準的な周波数帯と言われています。当社のレースの吸音カーテンは、200ヘルツ以上の周波数の音に対して吸音性能を発揮することができ、特に高い周波数に関しては、非常に優れた吸音効果が認められます。ドレープカーテンは生地自体が厚めとなり、基本的な吸音性能は非常に高くなります。かつ、レースカーテンよりも、より低い周波数帯を吸音しやすくなります。一般的に低音は周波数帯が長く伸びるため、吸収しにくいものですが、当社のドレープカーテンは、低音部分でも高い吸音効果を発揮します。一方でレースのカーテンは、見た目の圧迫感が少なく音だけでなく、部屋の明るさや視界も重視される場合に適しています。



こちらでは、ドレープカーテンとレースカーテンの吸音効果を比較しています。

ダウンロード

納品事例

全ての納品事例を見る

関連製品